婚約指輪と結婚指輪の違いと、両家の顔合わせの際のしきたり


それぞれの指輪の特徴と違い

婚約指輪と結婚指輪を同じものと考えている方がいますが、実際は異なります。

婚約指輪とは、プロポーズの段階で男性から女性に送られる指輪のことで、婚約の証としての指輪です。

このため、女性に与えるインパクトや記念品としての位置づけから、高価なものが多く、給料の1ヶ月分が相場と言われています。

一方、結婚指輪とは結婚式で愛の誓いとして交わされるもので、結婚後お互いの指にはめて私生活を送るため、シンプルなものが多く、価格も婚約指輪と比較すると低価格になります。

両家の顔合わせのための準備

婚約を交わすと、後は結婚式だけと考える方は多いのですが、婚約後は重要な行事が非常に多くあります。

特に両家の顔合わせは重要で、両家の両親のスケジュールを合わせることは難しく、会場の下見などを考慮すると、3ヶ月前には準備をする必要があります。

以前は、両家の顔合わせと言えば、花嫁の自宅や料亭のような格式を重視する場所で行われることが多かったのですが、最近ではこだわらない方も多く、レストランで簡単に行う方もいます。

両家の顔合わせのしきたりと最近の傾向

食事会では入り口から最も遠い座席が上座となり、男性の父親が座り、向かいの席に女性の父親が座ります。父親の隣には母親が座り、母親の隣に本人が座ります。

両家の顔合わせでは、食事会のほかに婚約指輪のお披露目を行います。この際、花嫁側からはお返しを渡すのが一般的で、時計や結納金を渡します。

以上が両家の顔合わせの簡単な流れですが、これ以外にも決められた挨拶など、昔ながらの作法はあります。

ただし、最近では元々知らない方や、国際結婚を行う方も多く、独自の食事会を開く方も増加しています。

結婚指輪の金額として一番多いのは10万円〜20万円程度の物、続いて10万円未満の物を購入している人が多い傾向にあります。

結婚指輪なら大阪を検索