会議室のレンタルサービス


百貨店による提供について

百貨店が商品を販売する以外にも、最上階にレストランを設置してそこに買い物客を集めて利益を得る方法があります。この他にも百貨店においては、会議室のレンタルサービスを提供していき収益を稼いでいくやり方も存在します。百貨店において空いている部屋などを活用し、そこを会議で使用できる状態に整えて提供していきます。空いている部屋を使うことで、既存の資源を活用するスタイルになるためコストを抑えることが可能です。

既存の資源を使うメリット

既存の部屋を会議室に転用してサービスの提供を行うとき、価格の設定で利点を得ることが可能となります。新しく建設を行わないため、莫大なコストが発生しないことから価格に反映する必要がありません。すなわち、提供するときの値段を安くすることができるため利用を呼び掛けるときのアピール点にできます。ゆえに、百貨店による会議室のレンタルサービスでは既存の資源を利用することによるメリットが発生します。もっと言えば、販売業務やレストランでの飲食事業以外での収益の獲得を図っていくことが可能です。

相乗効果を期待できる

空室を会議室にしてレンタルサービスをするときには、販売やレストラン事業との相乗効果を期待できます。会議室を利用した人々に対して、商品購入や飲食店で利用できる割引券を配布して購入の促進が可能となります。このように、百貨店はレンタルサービスを行うと同時に本業とも関係が発生していくように図っていきます。つまりレンタルサービス単独だけでなく、本業とも関係が生じるようにしていくことにより収益の拡大が可能です。

品川は近地から遠地まで移動に便利なターミナル駅で、多くの人が一堂に会するには便利です。そのような品川で会議室を借りられる施設が沢山あります。