少人数の結婚式の特徴


ゲストとの距離が近い

少人数の結婚式では、ゲストとの距離が近いということが、選ばれている理由のひとつでもあります。ですから、ひとつひとつの演出や大切な瞬間を、そこにいる全員で共有し、みんなでひとつの思い出をつくることができます。また、ゲスト同士が仲良くなりやすい結婚式でもあるので、両家の親族の絆を深めることもできますし、それぞれの友人と仲良くなることによって、新郎・新婦の人となりを知ることができるというメリットもあります。

自由度が高いのが魅力的

少人数の結婚式は、大手の会場のように、決まりごとが少ないのが特徴です。ですから、既定のものを使いたくない、自分たちらしい結婚式にしたいという思いが強く、ある程度イメージが膨らんでいる人にピッタリのスタイルといえます。また、不要であれば、演出をカットして、ゲストとの時間を長めにとることもできます。他に、演出に必要なものを、手作りして持ち込むことによって、結婚式自体にかかる費用をおさえることも可能です。

いろいろなカタチがある

少人数の結婚式の場合、「ご祝儀」にも、いろいろなカタチがあります。通常の結婚式のように、受付で渡す場合もありますし、そもそも「会費制」にすることも多くあります。この場合、結婚式と2次会の中間のようなパーティー形式になっていることが多く、同じ会場でそのまま2次会に移行するというケースもあります。いずれにしても、ゲストとして少人数の結婚式に招待された場合には、失礼がないように、予めご祝儀についても確認をしておくと安心です。

結婚はしたけれど式は考えていないという方もいらっしゃると思います。けれどもパートナーは新しい家族の一員です。結婚式なら親族のみで挙げてみてはいかがでしょう。煩わしい挨拶周りも式で済ますことができます。